偏頭痛の治療は信頼できる医院選びから【回復する楽しみを得る】

男性

3人に1人が悩む頭の痛み

看護師

日本では3人に1人が偏頭痛に悩まされていると言われています。人数にすると約4千万人です。これほど多くの人が悩まされている偏頭痛ですが、そのメカニズムを理解すれば対処の仕方もわかってきます。なぜ痛みが発生するかというと、頭の血管が拡張して炎症を起こすからです。原因には主に2つあって、血管説と三叉神経血管説です。血管説というのは頭の血管が拡張して頭痛が起こるという考え方です。これは血管を収縮させる働きのあるセロトニンが血小板からたくさん出るため、脳の血管が収縮し、再び拡張する時に頭痛が起こるという説です。三叉神経血管説というのは、何らかの刺激によって三叉神経から血管を拡張させる神経伝達物質が分泌され、それによって血管が炎症を起こして神経を刺激し、頭痛が起こるという説です。どちらも血管が収縮したり拡張したりする時に痛みが発生するというメカニズムは似ているのです。そのため、痛みが発生する原因となっている拡張した血管を元の状態に戻す薬が開発されています。エルゴタミン製剤やトリプタン系薬剤がそれです。特にトリプタン系薬剤は偏頭痛に効果があり、発作が起こった時にすぐに飲めば痛みを抑えることができます。外出する時にいつも携帯しておけば、痛みが出そうなときに飲めば発作を抑えられます。水がなくても飲めるように、口の中ですぐに溶ける錠剤もあるのでとても便利です。今までの薬は守らなければならない飲み方があったのですが、トリプタン系薬剤は頭痛が起きたらすぐに飲めるのが大きな特徴です。

偏頭痛の発作が起きた時に医師の治療を受け、適切な薬を服用することが大事です。さらに、偏頭痛が起こっている理由を探ることも大切です。偏頭痛の原因とされているものの中に、ストレスが関係しています。そのストレスを治療やカウンセリングによって減らしていくことで、偏頭痛が改善していくケースも存在しています。他にもうつ病が偏頭痛の原因になっていることも考えられます。あるいは偏頭痛からうつ病に発展してしまうことも増えてきています。そのためいまは一般的な内科ではなく、心療内科のような精神的なサポートを行なってくれる機関が治療場所として人気となっています。心療内科は主に精神的なものからくる外的な痛みや悩みを解決してくれるところとなっているので、頭痛が起きたときでも受診場所となっているのです。頭痛は放っておいても治ることもありますが、うつ病のように他の病気を招く危険性もあるので、長く症状が続くようであれば心療内科のような専門機関を受診してみましょう。そこで原因がはっきりと分かれば、薬も併用しながら治していくことが出来るようになるでしょう。また偏頭痛は、普段の食生活や環境、生活リズムが影響しているとも考えられています。そのため心療内科に行って相談をしながら、自分の生活を改めて見つめなおすことも出来るようになるでしょう。また性格を見つめ直す、いいきっかけにもなります。どうしても真面目な人や几帳面な人は、ストレスを貯めやすく偏頭痛にもなりやすいとされています。そのためカウンセリングで悩みを解決していくことで、ストレスも減り頭痛が解消されていくでしょう。もし一般的な内科で薬での治療を続けていても、なかなか改善されないのであれば、精神的な原因が考えられるので、迷わず心療内科を受診してみるべきです。

Copyright©2015 偏頭痛の治療は信頼できる医院選びから【回復する楽しみを得る】 All Rights Reserved.