偏頭痛の治療は信頼できる医院選びから【回復する楽しみを得る】

笑顔

頭痛の対処法について

悩み

偏頭痛は様々な刺激が影響して引き起こされる頭痛の一タイプです。拍動に合わせて痛みが襲ってくるのが特徴で、光がまぶしく感じたり音や匂いに敏感になることもあります。こういった偏頭痛が起こると吐き気や嘔吐といった症状が現れることも多く、場合によっては寝込むケースが出てくることも問題です。このタイプの頭痛は、脳の血管が様々な理由で広がることが引き金となります。広がった血管が周囲の神経を刺激するため、一部に炎症が起こり頭痛が生じるのが一般的です。最近ではセロトニンと呼ばれる脳内物質が偏頭痛に関わっていることが分かってきています。偏頭痛は、実際日常生活に原因があることが多い症状です。従って偏頭痛持ちの方の場合には生活の中に何らかの要因が潜んでいることが多いと言えます。ですので薬に頼る前に生活面を見直すことがまずは必要です。特に発作が頻発する方の場合には、薬で対応しきれないこともあるため、別な面からもアプローチを考えること求められます。偏頭痛に関わりが深いとされる要因としては、例えばカフェインの摂取が挙げられます。特にカフェインが多く含まれるコーヒーを常飲している方の場合には、慢性的な偏頭痛に悩まされることが多いです。カフェインには血管を収縮させる作用があるため適量であれば痛みを緩和する効果が期待出来ます。ですが、過剰に摂取すると逆に血管をさらに広げる一因となってしまうため要注意です。また、週末の寝だめや不規則な睡眠も偏頭痛を誘発することがあります。

最近では、偏頭痛を始めとする頭痛を専門に診療する頭痛外来が各医療機関に設けられるようになっています。このような医療機関には頭痛診療のスペシャリストとして知られる専門医が常駐しており、偏頭痛にも適切な治療を行なっているのが特徴です。専門外来では他の病気との鑑別はもちろんのこと、頭痛のタイプや原因の特定なども時に行なわれます。偏頭痛は他の頭痛と混在していることも多いため、専門医による診察はスムーズに症状を改善するための一つの方法です。頭痛外来で偏頭痛の治療に現在広く使用されているのが、トリプタン系製剤と呼ばれる薬剤です。この薬剤は偏頭痛の発症を抑える働きを持つため、早く服用することでかなりの確率で痛みを抑制することが出来ます。これまでの治療薬に比べて得られる効果がより確実であることから、最近では特に人気の治療薬です。専門外来を受診することでこういった治療薬の処方も受けやすくなるため、昨今では遠方からも各医療機関の専門外来を受診する方が増えています。医師によって見立てやアプローチが異なる偏頭痛の場合には、医療機関選びも大きな課題です。偏頭痛は日常生活の質を著しく低下させます。痛みへの不安から積極的な生活が送れなくなるケースも多く、具体的な対策がこれまでも大きな問題となっていました。そういった状況に大きな希望を与えているのが、専門医や専門外来の登場です。新たな治療薬も使用されるようになり、頭痛持ちの方にとって医療機関での治療は大きな助けとなっています。

二番目に多い頭痛の対処法

医者

市販されている鎮痛剤に効果がない場合の偏頭痛の治療には、トリプタン製剤やエルゴタミン製剤が処方されます。また痛みを未然に防ぐ予防薬としては、降圧剤のβ遮断薬・カルシウムチャネル拮抗薬や特定の抗うつ薬が使われます。

詳しくはコチラ

痛みの無い生活を送るには

病院

悩んでいる人も多い偏頭痛ですが、治療の前に原因を考えることも重要です。そして日常生活を送る上で原因を排除するべく工夫しましょう。また、偏頭痛治療で使われる薬には何種類かあり、それぞれに特徴があります。よくチェックし、自分の症状や状態と合うものを医師と相談して選択しましょう。

詳しくはコチラ

3人に1人が悩む頭の痛み

看護師

偏頭痛に悩まされている人はたくさんいます。頭の血管が拡張することで痛みが発生するのですが、トリプタン系薬剤という治療薬がかなりの効果をあげています。他にも心療内科へ行くという方法があります。

詳しくはコチラ

Copyright©2015 偏頭痛の治療は信頼できる医院選びから【回復する楽しみを得る】 All Rights Reserved.